• HOME
  • 事務所紹介
  • 税理士紹介
  • Q&A
御社とともに 新規開業から資金繰り、事業承継まで会社のお悩みはこちら あなたとともに 保険・相続から自宅購入まで、ライフプランのお金のお悩みはこちら

経営お役立情報

2014年12月25日 木曜日

事業承継をお考えの方へ

事業承継については、まだまだ早いと先延ばしにする経営者も少なくありません。
事業承継にはある程度の期間を要します。
事業を任せるには、後継者として育てる必要もありますし、親戚や社員に分散された自社株についても考える必要があります。
また、後継者がいない場合や決まっていない場合などであれば、会社譲渡なども視野に入れる必要もあります。

当事務所では、事業承継をお考えの方をサポートしています。
まずは、問題点を洗い出し、対応策を考えます。
また、事業承継が滞りなく、スムーズに進めることのできるように、スケジュールを立てます。
事業承継は、社員やご家族にとっても影響するため、適切な方法で、適切に進める必要があります。

名古屋市にお住まいで、事業承継をお考えの方は、お早めに一度当事務所にご相談ください。

投稿者 土井教子税理士事務所 | 記事URL

2014年12月17日 水曜日

個人事業からの法人化をお考えの方へ

個人事業である程度実績を積んでいる方であれば、法人化を考えられることもあるのではないでしょうか。
しかし、法人化することで何がメリットになるのか、手続きが面倒ではないかと思われている方もあるでしょう。

第一に、法人化すれば、節税が可能になります。
また、銀行や取引先への信用度が高くなり、求人も有利になります。
しかし、反面、赤字でも納税義務がある、社会保険への加入が必要になる、決算や税務申告が複雑になるため、専門家に依頼する必要が出てくるなどのデメリットもあります。
節税面だけを考えて法人化せず、総合的に判断する必要があります。

当事務所では、法人化をお考えの方をさまざまな方面からサポートしています。
名古屋市にお住まいで、法人化をお考えの方、手続きに不安のある方は、一度当事務所にご相談ください。

投稿者 土井教子税理士事務所 | 記事URL

2014年12月15日 月曜日

経営相談をご希望の皆様へ

経営をよりよくしていく方法として固定費の圧縮を検討することを当事務所ではご提案させて頂いております。
ご相談者様の中には固定費を抑えることは困難だと難色を示す方も少なくありませんが、実は、家賃やリース料の金額を下げるという方法をはじめ、過剰在庫の処分や消耗品を効率よく使うなど固定費を抑える方法は幅広いと言えます。

以上のように固定費や変動費を含めた見直しは売り上げは伸びても利益がなかなか伸びないという経営者様に最適な改善策であると共に経営をよりよくする方法ではないでしょうか。

まずは、家賃やリース料の再確認からはじめてみてはいかがでしょうか。

最後になりますが、当事務所は、名古屋市を中心に経営お役立ち情報を発信し、経営の改善策をご提案させて頂いております。

投稿者 土井教子税理士事務所 | 記事URL

2014年12月 9日 火曜日

ライフスタイルのご相談をご希望の皆様へ

さて、皆様は税理士にご相談されるのは個人事業主や経営者に限られているとお考えの方も多いのではないでしょうか。

当事務所には名古屋市エリアを中心に個人の方も大勢ご相談におみえになられます。
その理由は、当事務所では個人の方を対象にライフプランのコンサルティングも行っているためです。

例えば、お子様がお生まれになられ、教育費についてご相談されたい方や住宅購入の時期をご相談されたい方は、是非当事務所にご相談ください。

ご事情などを考慮した上でオーダーメイドタイプのライフプランを作成し、実効性の高いプランをご提案させていただきます。
もちろん事情変更や再検討にも対応させていただきますのでお気軽にお声掛けください。

投稿者 土井教子税理士事務所 | 記事URL

2014年12月 3日 水曜日

教育資金のご相談は当事務所にお任せください

当事務所は名古屋市全域を中心に経営お役立ち相談ならびにライフプランお役立ち情報を発信し、個人の方や経営者にかかわらず様々な案件に携わっております。

当事務所には教育資金についてご相談される方が大勢いらっしゃいますが、教育資金を準備するにあたり、様々な方法があります。
代表的なケースとして学資保険が挙げられますが、最近では返戻率の高い保険商品が数多く発売されるようになり、注目を集めています。

次いで多いのが積立貯金ですが、思うように貯金できないとお嘆きの方も少なくありませんが、そうした方の場合は、共働きを視野に入れるという方法もあります。

特に最近の私立幼稚園では延長保育が標準であり、利用するのもひとつの方法ではないでしょうか。

投稿者 土井教子税理士事務所 | 記事URL