• HOME
  • 事務所紹介
  • 税理士紹介
  • Q&A
御社とともに 新規開業から資金繰り、事業承継まで会社のお悩みはこちら あなたとともに 保険・相続から自宅購入まで、ライフプランのお金のお悩みはこちら
HOME > 資金繰りに悩まれている方
資金繰りに悩まれている方
新規開業のご相談も承っています。 事業計画の立案、資金計画、融資、議事録、定款の作成などトータルにサポートしています。 新規開業をご予定の方は、事業計画の立案前からご相談に応じますので、お早めにご来所ください。

融資を申請する際の注意点

融資を申請する際の注意点 融資を申請する前に、本当に融資が必要かどうかを検証することが大切です。

一番大切なのは、もちろん返済の見込みがあるかどうかということ。
金融機関に勧められるまま、やみくもに資金を借りるのは不要な借金を増やすばかりで、やがては経営破綻を起こすことになりかねません。

資金繰りが厳しくなったら、融資を考える前にまず行うべきことは、

  • 役員報酬の減額
  • 家賃の減額交渉
  • 経費の削減

など、まだまだ取るべき方策はいろいろあるはずです。
融資はあくまでも最後の手段と考えて、日頃から余裕のある資金繰りを行うことが大切です。
当事務所にご相談いただければ、的確なアドバイスをさせていただきます。

キャッシュフローを意識することの意義

キャッシュフローを意識することの意義 キャッシュフローとは、文字通り現金の流れのことです。

入金と出金のサイクルを把握して資金の確保を行うことが、余裕をもった資金繰りを行う秘訣です。
たとえば、賞与の資金や税金など、不定期な支出はキャッシュフローの範疇で支出するようにすれば、借金を抱えることなく経営状態も安定します。

キャッシュフローをよくするための考え方

キャッシュフローをよくするための考え方 キャッシュフローを改善することで余裕のある資金繰りが可能になります。キャッシ   ュフローを改善するとは、当然ですが手元により多くの資金を残すこと。

「税金を払うくらいなら、経費支出に当てる」という考え方もありますが、納税を減らすことが手元資金の増加に結び付くとは限りません。経費を使うことが節税につながらない場合もあります。
無駄な経費は極力減らしキャッシュフローをよくするよう努力することも大切です。

経営計画書、事業計画書作成の注意点

経営計画書、事業計画書作成の注意点 キャッシュフローをよくするための考え方

達成できない年数が長くなってしまうと、金融機関の評価が低くなってしまい、融資などの際に不利です。
もちろん経営努力は必要ですが、景気の状況も踏まえながら、現実的な視点で作成し、早めに金融機関への対策をとることが大切です。